お問い合わせ オンライン見積もり
  1.  > 
  2. 反社会的勢力でないこと等に関する表明・確約書

反社会的勢力でないこと等に関する表明・確約書

ネッツトヨタゾナ神戸株式会社は、政府が策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」及び平成23年4月1日施行の「兵庫県 暴力団排除条例」等を踏まえて、お取引に際しまして、お客様が以下の条項にある暴力団等の反社会的勢力に該当しないことを表明・確約を頂くことと致しました。
つきましては、以前からお取引を頂いているお客様を含め、弊社とのお取引に際には表明・確約を頂戴致しますが、 何卒ご理解とご協力をお願い致します。
確約頂く内容は以下の通りです。

  1. 私(法人の場合には、当該法人の役員・従業員を含む。以下同じ。)及び保証人(法人の場合には、当該法人の役員・従業員を含む。以下同じ。)は、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。1.私(法人の場合には、当該法人の役員・従業員を含む。以下同じ。)及び保証人(法人の場合には、当該法人の役員・従業員を含む。以下同じ。)は、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
    1. 暴力団
    2. 暴力団員
    3. 暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者
    4. 暴力団準構成員
    5. 暴力団関係企業
    6. 総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等
    7. その他アからカに準ずる者
    1. 上記(1)に挙げる者(以下「暴力団員等」という。)が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 私及び保証人は、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
      暴力的な要求行為
      法的な責任を超えた不当な要求行為
      取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
      風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて貴社の名誉や信用等を毀損し、又は貴社の業務を妨害する行為
      その他前各号に準ずる行為
  3. 私及び保証人は、私又は保証人が第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をした場合、又はこの表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合は、貴社によって催告なしで貴社との取引が停止され、又は解約されても一切異議を申し立てず、また賠償ないし補償を求めないとともに、これにより貴社に損害が生じたときは、私及び保証人がその責任を負うことを確約します。
  4. 私は、本書について説明を受け、内容を理解した上で本書各項につき表明・確約いたします。

TOPへ